FAQ

よくあるご質問

ヤマハリニューアルピアノ 製品・購入・メンテナンス等に関するお問い合わせについて

当社(ヤマハピアノサービス株式会社)ではお客様への直接販売は行なっておりません。製品のご購入については全国の「ヤマハリニューアルピアノ契約ヤマハ特約店」を窓口とし、当社との緊密なパートナーシップのもと、お客様に安心と信頼の製品をお届けしております。製品に関して、また購入、購入後のアフターサービスなどにつきましては各特約店へお問い合わせ下さい。
 
お住いの地域の特約店を検索する

ヤマハリニューアルピアノについて

「ヤマハリニューアルピアノ」はヤマハ株式会社指定の当社工房で、ヤマハのピアノを熟知した経験豊かな技術者の手によって定められた工程を経て一台一台丹念に仕上げられた高品質な中古ピアノです。一般的な中古ピアノの一段上の安心と信頼の品質をお届けすべく、外装のクリーニング、各部調整はもちろん、各ピアノの使用状態に応じて劣化した部品は、全てヤマハ純正部品に交換して調整、組み直しを行い、当社規定に基づいた厳しい音質チェックを経た上で出荷されます。

「ヤマハリニューアルピアノ」は当社の登録商標で、規定に基づいた修理過程及び出荷チェックを経た製品にのみにその名前が冠されます。製品にはヤマハリニューアルピアノ独自の「整備表・保証書」が附属します。また製品外装にはヤマハリニューアルピアノであることを示すオリジナルステッカーが貼られています(一部ステッカーが貼られていない製品もあります)。また製品の取り扱いは全国の「ヤマハリニューアルピアノ契約ヤマハ特約店」を窓口としています。ご購入の際には各特約店に「ヤマハリニューアルピアノ」とご用命ください。
 


お住いの地域の特約店を検索する
ヤマハリニューアルピアノとは

外装を外し、塗装・研磨を行うほか、ハンマー成形、鍵盤の研磨、内部清掃、部品交換(全てヤマハ純正部品を使用)などを行った後、整調、調律、点検の工程を経て出荷へと回されます。これらの工程は、全てヤマハの指定を受けた当社工房で行われ、また一台ごと熟練した技術者が、厳しい修理規定に則した作業を行います。作業を終えたピアノには整備過程を示した整備表が付属します。
 
ヤマハリニューアルピアノの再生工程について

ヤマハのピアノには各製品に製造番号が必ず記されており、その番号で製造年代がわかります。製品の製造年代は特約店にお問い合わせいただければお答え致しますが、以下に製造番号と製造年代の早見表(PDF)を掲載致しますので参考にしてください。
 

アコースティックピアノ年代・製造番号別一覧(PDF)

アップライトピアノは天屋根のフタを開けていただき、覗き込むと金色のフレーム右側または中央に刻印されています。
グランドピアノは大屋根を開け本体内部のフレーム右上に刻印されています。
 

品番はアルファベットと数字で記されたもので、製品の種別を示すものです(例:U1、U1DUXW103など)。
製造番号は5〜7桁の数字で表示されており、この数字によって製品の製造年代などを確認することができます。
 

リニューアル処理前のピアノの状態により、工程上の手間、部品交換点数に応じて金額に差が生じる場合があります。

ヤマハピアノは、個々の部品の精密性・設計品質の高さから、堅牢性・耐久性に優れており、「整備すれば回復するピアノ」として世界中から高い信頼を獲得しています。なかでも「ヤマハリニューアルピアノ」は独自の高い品質基準にて再生処理を行っているので安心してご利用いただけます。
 
ヤマハリニューアルピアノの再生工程について

「ヤマハリニューアルピアノ」の名がついた製品ならば、どれもその品質に問題はなく安心してご利用いただけますが、一方で、ピアノ選びに際しては、お客様の演奏スタイル、音の好みなどが重要なポイントにもなります。そのため、ご購入の際には、ぜひ実際に製品に触れ、弾き比べをされ、ご納得の製品をお選びいただくのが良いでしょう。製品の見学・試弾、特約店展示品については、各特約店にお問い合わせください。また下記フリーダイヤルにて試弾希望製品、希望日時などをお伝え頂ければ、在庫のある特約店に確認の上、ご予約等の調整をさせていただきます。
 
お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00
お問い合わせフォーム(24時間受付)

ヤマハリニューアルピアノのご購入について

特約店とは「ヤマハ特約楽器店」のことで、メーカー(ヤマハ)と正規に契約を交わしている販売店です。
ヤマハピアノについての商品知識があり、アフターサービスを十分に行える技術力を持っています。
ヤマハリニューアルピアノはこの特約店でのみ販売されておりますので、お近くの特約店にお問い合わせくださいませ。
 
特約店一覧はこちら

当社、ヤマハピアノサービスの再生拠点で、横浜、掛川、大阪の三か所にあります。
工房では直接販売はできませんが、ご予約の上見学や在庫のリニューアルピアノを試弾していただくことができます。
購入ご希望の際は、お近くの特約店を通して販売し、全国にも配送することができますので、選択肢の一つとしてご検討くださいませ。
 
工房一覧はこちら

本サイトに表記される価格は、全て「参考価格」として表記しております。「ヤマハリニューアルピアノ」は、どのモデルをお選びいただいても、高度な技術と正規部品を用いた再生作業により本来の性能を発揮するように調整されております。このため、年式とモデルが決まれば大体の価格帯が決まります。本サイトでは、この価格帯の中心付近を「参考価格」とし、掲載しています。ただし実際には、個々の製品ごとに異なる僅かな違い、リニューアル作業前の製品の状態、販売される地域などにより価格に変動が出る場合があるため、販売価格につきましては各販売店にてご確認ください。

「ヤマハリニューアルピアノ」は全国の「ヤマハリニューアルピアノ契約ヤマハ特約店」にて取り扱っております。ご購入につきましては、お近くの特約店までお問い合わせ下さい。
 
お住いの地域の特約店を検索する

申し訳ございません。インターネットからご購入いただくことはできません。
商品詳細ページの下段には取り扱い店舗のお問い合わせ先がございますので、直接店舗にお問い合わせいただくか、こちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

申し訳ございません。弊社から直接お買い求めいただくことはできません。
弊社工房にあるピアノを試弾をしていただくことはできますが、製品ご購入の際は、お近くの販売店をご紹介させていただくことになります。金額や、配送についてなどは販売店でご確認くださいませ。

お住いの地域の特約店を検索する

はい。当サイトの在庫検索ページからご希望の条件を入力いただき検索していただけます。ご希望の製品在庫が無い場合には、お近くの特約店にお問い合わせください。特約店から当社へと連絡が入り、工房在庫、入荷予定、修理予定などを確認した上で特約店経由にてお客様に入荷予定などをお知らせします。
 
製品在庫を検索する
お住いの地域の特約店を検索する

まずは特約店にご希望の製品についてお問い合わせください。特約店から当社へと連絡が入り、工房在庫、入荷予定、修理予定などを確認した上で特約店経由にてお客様に入荷予定などをお知らせします。

お住いの地域の特約店を検索する

可能です。ただしご予約は入荷がお約束できる製品に限らせていただきます。まずは特約店にご希望の製品についてお問い合わせください。特約店から当社へと連絡が入り、工房在庫、入荷予定、修理予定などを確認した上で特約店経由にてお客様に入荷予定などをお知らせします。

お住いの地域の特約店を検索する

可能です。特約店在庫製品の場合は、各特約店にご確認ください。また下記フリーダイヤルにて試弾希望製品、希望日時などをお伝え頂ければ、在庫のある特約店に確認の上、ご予約等の調整をさせていただきます。
 
お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00
お問い合わせフォーム(24時間受付)

お届けまでの日程は、在庫品の状況や時期などによって異なりますので、ご購入先の特約店にご確認下さい。
ご参考までに、当社工房在庫品の場合は、ご購入ご約1ヶ月程度でのお届けとなっております。

ご購入予定の特約店により対応が異なります。詳しくは各特約店にお問い合わせください。

ヤマハリニューアルピアノの搬送・搬入について

各特約店ごとに対応が異なります、おそれ入りますが、ご購入予定の特約店に直接お問い合わせ下さい。

▼アップライトピアノの場合
通気性、音抜け、転倒防止のため、背面は10~15cm、調律時にチューニングハンマーが動かせる高さとして上部は40cm、左右は調律作業用に大人がひとり入れるくらい空けていただくのが理想的です。


▼グランドピアノの場合
鍵盤から手前方向のスペースは1m以上をおすすめしております。演奏者が無理のない体勢で椅子に座り演奏ができ、また、ピアノ技術者がアクション調整作業等を行うのに必要なスペースが1m程度となります。
左右や奥側は人が通ることができるスペースをあけていただくのが理想ですが、壁に近くなることで雑音が発生したり、音響に影響を及ぼすおそれがあるため、15cm以上離していただくことをおすすめしております。

当サイトの製品詳細ページには、サイズ情報を掲載しております。
また、製品名(型番など)を特約店にお伝えいただければ、詳細についてのご案内が可能です。

奥行き135cm以上、最大乗員9名以上のエレベーターであれば、概ね製品搬送にエレベーターを利用可能です。事前にマンション管理会社などにご確認いただくことをお勧めしております。

搬入する製品や搬入場所の状況によって異なります。詳しくはご購入される特約店にお問い合わせ下さい。なお、搬入はピアノ搬送のノウハウを持つ専門業者が行います。マンションや団地など、エレベーターのない場所でも概ね搬入は可能ですが、搬入経路の状況や周囲の状況などによっては特殊な搬入方法を用いなければならない場合がございます。事前に搬入先の状況をお知らせいただければ、特約店が搬送業者と密に連携を取り、より確実な搬送方法をご提案させていただきます。

全国3拠点の工房在庫は、特約店を通して販売することで日本全国に配送することができます。 
当社からお近くの特約店へと製品を引き渡した後、特約店からお客様の元に配送いたします。
なお、沖縄県・離島地域への配送に関しては、他地域への配送に比べ配送費用が高くなる場合がございます。 
詳しくはご購入いただく特約店にお問い合わせください。

搬入に関しては、事前に特約店とお打ち合わせさせていただいてから進めてまいります。その上で、事前に家具の移動などをお客様にお願いする場合もございます。また、部屋の間口など搬入にご不安がある場合などにも、事前に特約店にご相談ください。専門の搬入業者が事前下見を行い、搬入経路を確認の上、スムーズな作業を行わせていただきます。

ヤマハリニューアルピアノの保証・アフターケアについて

すべての「ヤマハリニューアルピアノ」には購入後1年間の製品保証が付いています。

正常使用状態での故障に関しては、保証期間内であればすべて無償にて修理対応いたします。過度な重量負荷、ピアノ上に置いた物の落下、お飲み物が倒れ水分が侵入したなどの場合につきましては、保証期間内であっても有償修理となる場合がございます。

ピアノは非常に敏感な楽器で、温度・湿度、使用状況などによって微妙に音程が変化していきます。当社では、常にベストの状態で演奏できます様、少なくとも年ごとの定期調律をお勧めしております。

ご購入いただいた特約店にご相談ください。
なお、首都圏、中京圏、関西圏(京阪神)地域では、当社「ピアノ調律」サービスもご提供しています。
詳しくは、以下のフリーダイヤルまでお問い合わせいただくか、こちらのページのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00

各特約店によってご提供価格が異なります。ご参考までに、当社のピアノ調律価格は、アップライトピアノ14,000円(税別)、グランドピアノ17,000円(税別)となっています。いずれも別途出張費がかかるほか、長年調律をされていないピアノの場合には、ピッチの低下度によって追加費用がかかる場合があります。また部品交換など修理が必要な場合には別途修理費用がかかります。
詳しくは、以下のフリーダイヤルまでお問い合わせいただくか、こちらのページのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00

各特約店とも出張修理に対応していますので、直接各店にお問い合わせください。なお、当社においても出張でのピアノ修理サービスをご提供しております。ただし修理内容によっては出張対応ができないもの、出張修理の末、工房での作業が必要となった場合など、修理内容によってはお引き取りでの作業が必要となる場合もあります。
詳しくは、以下のフリーダイヤルまでお問い合わせいただくか、こちらのページのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00

修理内容によって異なります。詳しくは各特約店にお問い合わせください。
詳しくは、以下のフリーダイヤルまでお問い合わせいただくか、こちらのページのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00

はい、可能です。当社では、外装の傷の修復、内部清掃、金属部の磨き、さらには内部機構のチェックや補修まで入念にお手入れを行う「ピアノクリーニング」サービスをご提供しています。
詳しくは、以下のフリーダイヤルまでお問い合わせいただくか、こちらのページのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00

ピアノクリーニングサービスは、ピアノをお預かりし、当社工房にて作業させていただきます。また、お預かりからお返しまでの期間は、約1ヶ月が目安となります。(ご依頼が多い場合には1ヶ月以上かかる場合がございます。)
詳しくは、以下のフリーダイヤルまでお問い合わせいただくか、こちらのページのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00

ヤマハピアノサービスでは、内部の部品をすべてチェックし、88鍵分の弦、調律ピン、ハンマー、ダンパーフェルト等の部品をすべて新しいものに交換・組み付け直す「ピアノオーバーホール」サービスをご提供しています。音楽ホールのフルコンサートピアノに対応できる設備と熟練の技術者の手により、あなたのピアノを新品並みに蘇らせます。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00
お問い合わせフォーム(24時間受付)

「ピアノオーバーホール」ではピアノを一度分解し、弦やハンマーなどの部品を修理・交換して再度組み立てし、新品に近い外観や性能に修復します。作業内容にもよりますがお値段は数十万円と高額になります。
一方「ピアノクリーニング」は一般的に、外装の傷、汚れなどをきれいに修復することを指しますが、当社の場合は、同時に内部機構のチェックや修復作業も行います。ピアノの状態、製造年代によって料金は上下しますが10万円前後からとなります。
より高い修理精度となるのは「ピアノオーバーホール」ですが、一般のお客様の場合、通常の使用状態ならば「ピアノクリーニング」で十分な演奏品質を保てるかと思われます。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00
お問い合わせフォーム(24時間受付)

ヤマハリニューアルピアノの日頃のお手入れについて

◆ピアノ塗装面のお手入れ

  • 表面についたホコリは、ピアノ用羽毛かガーゼ、ネルのような軟らかな布で軽く払ってください。
  • 市販の化学雑巾や外装手入れ剤は、成分がわかりませんので使用をお避けください。また、力を入れて拭きますと、砂ぼこりなどがあった場合、細かな「スリキズ」になりますのでご注意ください。
  • 鏡面艶出しピアノは、ユニコンをピアノクロスに含ませてムラなく拭き、さらに別の布でよく伸ばすように磨き上げます。


◆ピアノ鍵盤のお手入れ

  • 柔らかい布でカラぶきします。(塗装面の布とは別にしましょう)
  • 汚れが目立つ場合はかたく絞った布でふきとります。
  • ベンジンやアルコールで拭くとひび割れの原因にもなりますので避けてください。
  • 汚れた手で弾かない様に習慣づけましょう。
  • 外気の影響や直射日光を受けやすい窓際や、外壁に面したところは避けましょう。
  • ピアノは重いので、できるだけ安定性の良い場所に設置してください。また、アップライトピアノを和室に置く場合は、脚の下に敷き板を用意し、安定性を確保してください。
  • ご近所に配慮し、なるべく隣家に面していない部屋に置きましょう。

温度や湿度が高くなると、木やフェルト、金属部分、アクション、ハンマー・弦などに影響が出て、音がでにくくなったり、こもったり、鍵盤が下がったり、金属部分にサビがでやすくなったりします。ピアノに適した温度・湿度については以下の表を参考にしてください。
 

  望ましい温度 望ましい湿度
冬季 10℃〜20℃ 35%〜65%
夏季 20℃〜30℃ 40%〜70%
 

雨の日には湿度対策として部屋の窓を閉めておき、ピアノのフタも閉めておきましょう。反対に、晴れた日には、部屋の窓をあけ、風通しを良くし、ピアノのフタもあけておくことをお勧めします。

暖房器具やクーラーなどの風が長時間、直接当たっていますと、外装のそりやひび割れの原因となるほか、音程の乱れも非常に早くなりますので、極力、冷暖房器具からの風をあてないようにしてください。またクーラーやエアコンは、水滴が落ちることがありますので、ピアノの真上には取付けないようにしましょう。またストーブの上にやかんなどを置くと、水蒸気が発生し、ピアノに悪影響となる可能性がありますので注意してください。

  • まず置き場所に注意しましょう。板張りの床など、ピアノが平らに置ける場所を選びましょう。
  • アップライトピアノの重心は後ろ寄りにあるため、背後がふすまや障子のような軽いものだと、ぐらっときたら後ろに倒れてしまいます。また固い壁を背にする場合も、ぶつかった反動で逆に倒れることがありますので、壁面からは10センチくらい離して設置しましょう。
  • 地震の際は、机の下にもぐりこむような感覚でピアノに隠れたり、動くピアノを体で支えたりは絶対にしないでください。地震の際は、すぐにピアノから遠ざかりましょう。

できるだけ何も置かずにおく方が、外装に傷を作らず、また事故を防ぐことができます。止むを得ず何かを置く場合には、特に以下の点にご注意ください。

  • ビニール加工してある表紙の本やノート、教材、プラスチック製の消しゴム、おもちゃなどは、外装を傷めるおそれがあります。
  • ピアノの上には、水の入った花瓶や鉢などは置かないようにしましょう。水がこぼれたら大変です。その他、ガラス製品なども、割れてピアノ内部に破片が入りますと、音響に影響が出ます。
  • 鍵盤の上に鉛筆やヘアピン等、細くて小さなものは置かないようにしましょう。鍵盤の中に鉛筆の芯などの細くて小さなものが入ると鍵盤が動かなくなることがありますのでご注意ください。
  • ピアノのフタは意外に重いものです。小さなお子さまが開閉する際には、十分に注意してあげてください。

その他のお問い合わせ

下取りサービスにつきましては、各特約店にお問い合わせください。また当社でも「ピアノ買取」サービスをご提供しています。下記フリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00
お問い合わせフォーム(24時間受付)

申し訳ありません。当社は産業廃棄物取り扱い業者ではありませんので、廃棄を前提としたピアノのお引き取りは承っておりません。製造から年数の経過した古い機種については「お引取費用」を申し受ける場合がございます。その機種については廃棄するのではなく次の所有者を探しますが、次のお客様がお求めになる金額よりも、諸経費(運送費・手入れ費・保管費用など)の方が高額になってしまうため、やむを得ず費用のご負担をお願いしている次第です。お引取費用の詳細につきましては、査定申込の際、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-192-808(受付時間:平日9:0018:00
お問い合わせフォーム(24時間受付)